e宿 ロゴ/e宿ネット

 

 
  キーワード 

e宿ネット

 
ニュース | 観光情報 | ホームページ | 登録宿

 

大分県

全ホテルリスト

 

 

宿ブログ最新情報

2019/09/28(土)アサギマダラ

アリスの泉  2019年9月28日 13:58:10

1週間ほど前にアサギマダラが2匹庭のフジバカマにやってきました

しばらく様子を見ていましたが昨年の様に群れて来てはくれません

今朝もたぶんいつもの2匹でしょう

蝶の数え方は匹でいいのかな

*******************************************

チョウは昆虫の一種ですが、クイズ番組などで出された際の“正しい”数え方は「1頭、2頭、3頭…」とされています。なぜ昆虫のチョウを大形の動物を数える「頭」で数えるのでしょうか。その謎(なぞ)を解くヒントは意外にも英語にあります。

元来、英語では牛などの家畜を"head"で数え、例えば5頭の牛を"five head of cattle"といいました。日本語にも「頭数(あたまかず)を数える」といって、人数を「頭」で把握することがありますが、"head"もこれと同じ発想です。この用法は、動物園で飼育されている動物を数える際にも使われ始めました。西洋の動物園で、しばしば珍しいチョウを飼育・展示していますが、動物園で飼育している生物全体の個体数を、種類に関係なく"head"で数えるようになったのだそうです。そのうち、昆虫学者達が論文などでも研究対象であるチョウの個体を"head"で数えるようになり、それを20世紀初頭に日本語に直訳(誤訳)したものが現代の日本語に定着した、という説が有力です。

しかし、この他にも、標本としてのチョウには頭部が切断されていないことが重要視されることから「頭」で数えるとする説や、昆虫採集はもともと狩猟の一種として考えられていたために、獲物は動物と同じ数え方をするのではないか、といった説があります。

いずれにしても、慣用的・専門的にチョウを数える以外は、昆虫の一種として「匹」で数えるのが一般的です。

*******************************************

 

ブログを見る


2019/09/26(木)小熊山

アリスの泉  2019年9月28日 13:39:08

小熊山林道からの鹿島槍は今は殆ど若い灌木で見えなくなってしまいました

 

下の2枚の写真はサンアルピナ鹿島槍スキー場の南側の林道入口のちょっと

先の空き地から撮った鹿島槍と五竜岳です

小熊山の山頂 

 

パラグライダーのスタートバーン

 

木崎湖

 

ブログを見る


 

近くの県> 福岡県  佐賀県  長崎県  熊本県  大分県  宮崎県  鹿児島県  沖縄県 


免責  サイトマップ リンクフリー 相互リンク 宿泊施設様へ ご意見、お問い合わせ
Copyright(C) 2010 e宿ネット All rights reserved.